読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バカなリズムで殺人日記 作 庵目あみ

よくわからない方向性に曲がるブログ

バカなリズムで殺人日記(完)

早朝の朝、先輩は線路の前にたっていた

吾輩はフッとここで突き落とせば

先輩は死に自殺をしたことになって

1人目と2人目を殺した犯人にしてしまおうと

思った

そして吾輩が先輩を押そうとしたら

フッと先輩は消えて

吾輩の反動は止まらず

吾輩は電車にひかれた

 

ほんの一瞬 風景が渦を巻いて空が見える

そこから血眼な破片が飛び散って

瞬間移動したかのように

地面が縦に見えて地面が徐々に血が流れ込む

かろうじて目だけが動いて左右に動かすと

吾輩の胴体が見えた

 

ちぎれた胴体が数十メートル先に手や足や

胴体がすぐ近くにバラバラになっていた

 

そう吾輩は首だけになっていた

 

吾輩は叫ぼうとするものの声だけがでず

「う・・・」といった

 

それから「うわあああああ!!」と声が出たのは

自分の布団の上だった

 

 

朝が来た。4日目。

 

「はあはあはあ、はあ」

吾輩は汗を大量にかいて

急いで着替える

「そう、先輩だ。昨日先輩を待っていて・・・」

 

 

 

 

 

吾輩は朝起きて窓の外を見るとスーツを着た男数人が道をうろうろしたり

していたのを確認した

「・・・警察や」

 

吾輩は昨日来なかった先輩がすべてを話たのか不安になって

先輩のもとへ行くことにした

 

 

テレビが勝手についた

吾輩の自宅近所の連続殺人事件と記されていた

そこには一人目の殺した女の母親が

「ひどいことをして、どうしてこんなめにうちの子が

ならなきゃいけないの」と泣いていた

そして二人目にかんしてはまだ見つかっていないとの報道だった

 

 

 

このままの恰好ではまずいと

吾輩は元カノが置いていって段ボールに詰め込んで置いた

服を引っ張り出して着なおした

 

吾輩は殺した女になりすました

それと警察に捕まらないように女装した

なぜそんなことをしたのかはわからないが

咄嗟に殺してしまった罪悪感からかころした女になろうとした

 

 

 

 吾輩は先輩を見つけた踏切で

 そして

押そうとした瞬間転んだ

 

吾輩の体力が限界だった

もう4日も食べてない

 

その時、先輩は「俺のせいや!」と身投げした

 

先輩の身体はちぎれず

電車にぶつかり跳ね返ってきた

 

踏切で待っている人々へ

 

 

 そいつは紫マシュマロというあだ名だった

同級生だった

 

紫とか黒い服ばかりをよくきて

性依存症の女だった

吾輩ですら死なないかなとか思っていた

気持ち悪い女だった 

 

先輩の四肢断裂し身体はそのマシュマロな身体と

元カレとの子を初産した赤子に突っ込んでいった

 

マシュマロは近所にすむ友達もいないし

ネットで呪いを吐き続けている女で

みんなから嫌われていた

 

普通ならどうしてこんな人が死ぬのだろうか

なんて人が突然的に死ぬが

罰が当たったと思った

 

マシュマロはいわゆる執着が強いやつで

周囲からは嫌われていた

世界が狭いとゆうのだろうか

友達もいないし

身体で男をつなぎとめるような人間関係を構築していた

そのせいで余計に狭くなり考え方も固執していて

悪循環のように孤立していたいわば肉便器みたいな女で

1人、2人、3人が死に

4人目にはもはや自分が神になったかのような

錯覚に陥った吾輩がいた

 

 

マシュマロは自分よりきれいな女がいたり

幸せそうな女がいると呪いのように気持ち悪くはりついていて

みんなの面白コンテンツとしてバカにされていたが

本人はそのバカにされている笑いをうけていると勘違いしていた

 

マシュマロには親と絶縁していた

自分は親から逃げているくせに

自分の呪いをかけているつもりのリア充の女達や

成功している女達には自分から逃げるなと執着する気持ち悪い女だった

 

 

そんな女が先輩の身体の一部の破片が顔面にぶつかり

電信柱と板挟みになって間につぶされている

 

一目見て、即死だというつぶれ具合に

 

周囲が叫びだす

 

いっぽう赤子のベビーカーの中も悲惨なものだったが

鳴き声が聞こえてきていたので生きているのが確認できるが

真っ赤であった

 

 

吾輩は警察がいたが取り押さえられず

女装したまま自宅にとぼとぼ帰った

 

 

 

すると中に4人がいた

死んだ4人が吾輩の部屋で吾輩をまっていた

吾輩は殺されると思って

部屋にある鉄バットをつかんで振り回すと

4人は吾輩によってきた

「はなせええええ」といったが

4人は吾輩の鉄バットを渡せとしゃべった

 

手に力がはいらないから

グルグル巻きにバットと手を固定ようとしたその時

4人に襲い掛かられた

「うわああああ!」

そう言うと一人にはたかれた

「おきんかい!!」

吾輩は ハッとして目が覚めた

それは警察だった

 

 

なぜかわからないがこのなんともいえない苦しみが終わった

 

 

一人目の刑は軽かったが2人目の強姦したあとの焼殺があり

吾輩は死刑となった

 

 

 

バカなリズムで殺人日記③

 

バカなリズムで殺人日記③【R15】

 

 

ふたりを殺してから3日目

今日は身体が重たくて

朝、目が覚めたら

 

殺した女ふたりがそこにいた

寝ている俺を上から覗き見ていた

 

「うお!」っと思った吾輩は

固まって動けない

 

朝から美女がいたら最高だろうと思うだろうが

そんなんじゃない

死に顔とボサボサのあの感じ

そしてふたりは吾輩になにか言おうとモゴモゴしたが

吾輩が二人目に詰めた枕の羽毛が口から血と混じって

湧き出て羽毛が吾輩の顔に落ちてくる

「手品師か!!」

そう吾輩はツッコンでガバッと起きてふたりをつかもうとすると

そこにふたりはいなかった

 

 

「あ、あれ?」

気づけば手足も身体も嫌な汗でびっしょりだった吾輩は

朝から風呂に入ることにした

蛇口を捻ると大量の血とウジ虫が噴き出してきた

 

「う、うわ!!うわぁぁ!!」

吾輩は足をぴょこぴょことあげて逃げ回る

 

部屋から殺虫スプレーを持ってきて風呂場に行き虫を

殺そうとすると

そこに虫はいなかった

血が出る蛇口からも透明の水が出ていた

 

「あ、あれ?」

吾輩は目をこすってみたが

やはり出ていたのは

透明の水だった

 

 

 

その時だった

スマホの着信がなった

その音にビクッと驚いて

スマホを恐る恐るのぞく

非通知だろうか?呪いの電話だろうか?

そのことが頭をよぎり

スマホを見ると

先輩だった。

 

一日目の女を脅そうぜといった先輩だった

なんだろうか?

「もしもし」

吾輩は電話に出た

「ふみこが死んだらしい」

「え?ふみこって誰っすか?」

「ふみこってこの前飲み会で話した女だよ」

「あーあー」

あの女はふみこというらしい

 

「俺、警察に呼ばれたんだよ」

「え、まじっすか?」

「殺されたらしい」

「・・・まじっすか!!」

吾輩は知っていたが知らないふりをした

「俺が疑われてるんだよ」

「まずっすかぁぁー?」

「今から警察に行ってくる」

「まじっすかー・・・」

 

「終わったら飲みに行かね?」

「・・・まじっすか。」

吾輩はいろいろ聞きたいことがあったので承諾した。

 

 

吾輩はスマホを切っておもった

 

やばい

 

 

いずれ吾輩が犯人だとバレてしまう

 

「いやまてまて」

吾輩は呼ばれていないが先輩は呼ばれた

「ということは・・・・

先輩が犯人だと思われている!」

吾輩はふたりを殺してしまった先輩に罪を擦り付けて

犯人にしてしまおう!と考えた

 

もともとひとりめの殺人は先輩の責任だ!そう吾輩は

自分に言い聞かせて先輩の帰宅を待つのであった

 

 

スマホを切ってみると

部屋にころしたはずのふみこが部屋にいた

右足がイカみたいにふにょふにょになりながら

へこへこふらふら吾輩の部屋を歩いて吾輩にはりついてきた

「ひいいいっ」と思ったが

吾輩は「これは幻覚だ!これは幻覚だ!」と叫んで

ふみこを部屋から消した

 

寝転がったふたりめに殺した「かや」が

さかさまブリッチをして吾輩に向かって歩いてくるが

吾輩は鉄バットで殴った

 

するとかやも消えた

 

 

吾輩は怖くなって目をつぶって布団にもぐりこんだ

 

とりえず先輩から連絡を待たないと!

なんだか疲れていた吾輩は汗をびっしょりとかきながらそのまま寝た

 

夕方になっても

夜になっても

一向に先輩から電話はなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バカなリズムで殺人日記②

バカなリズムで殺人日記②【R15】

 

さつぢんをしたふつかめに

またさつぢんをした吾輩はバカですか

 

 

昨日、吾輩は間違えて女を一人殺めてしまったのである

その次の日の朝が来た

 

いつもと何も変わらない日常

いつもとなーんら変わらない

ただそこに昨日殴った血のついた鉄バットがあった

 

なにかの間違えであってほしいと

目を閉じて

目を開けたが

鉄バットは消えなかった

 

吾輩はテレビをつけて

ニュースになっているのか

見てみたが特に吾輩のことはやってなかった

 

昨日のできごとは なにかの間違いなんじゃないかと

思ってテレビを消した

 

「先輩に電話してみよう」とスマホをとると

着信がなった

「うお!」

もはやすでに警察が出頭命令を出したのだろうか!?

と思ったが着信元は家族一家ほとんどが集団自殺してしまった

家族を持つ女だった。

 名前はかや、大学で社会学の勉強をしているらしい

本命にブスだと言われてふられて相手にされず

トラウマになってからというのも

整形をしたりしているらしい

実際の顔はあまりかわいくないのだが

整形を繰り返してかわいいとかいう話をきいたことがある

知り合いの友人に連れていかれたのキャバクラの女である

 

 

一度キャバクラにいったことがあるのだが

人の顔や体の比較を勉強しているらしくその成果に

もとづき顎やら目やら鼻やらをいじった

とか話をして電話番号を聞いた記憶がある

 

吾輩は先輩に電話をしなければいけない気がしたが

女から電話がかかってくるのはめずらしいと思った

「もしかしたら吾輩が忘れられないとか!?」と

かやは誰とでもやらしてくれるというもっぱらの噂を

期待して電話に吾輩はでた。

「もしもし?」

吾輩は鼻息をこらえながら電話にでたが

かやのだい一世は

「死にたい」だった

さすが自殺家族の娘。

しかしこれはかやの手段で死にたいといえば

かまってもらえると思っているかやの社会学の成果なのである

 

「きょうね~おきゃくさんがこないの~」と

鎌倉から上京してきた女は吾輩に甘えた声で店に誘うのであっ

「金かい!」とつっこみをいれても

かやのふたことめには

「来ないなら死にたい」発言をする

ほんとうは先輩に電話やいろいろやることがあった気もするが

かやのところへ行くことにした

同伴である

 

 

 

かやはミニスカートで薄着だった

「やだなぁ、このへんにお肉がついてきたみたい」

さっそく

かやは、同伴の食事の最中に吾輩の手をとり下腹部からふとももまで触らせてきた。

「なんだか今日、暑くない?シャワーを浴びたいわ」なんて吾輩をあきらかに誘うのであった

やるきまんまんやないかと鼻息をだしてしまった吾輩はごまかして

 

吾輩は「整形のあとは脂肪吸引でもしろよ」と勧めた

かやはムッとしたような顔をしたが吾輩の腕を組みあきらかにかやの働いているキャバクラへすすむ

吾輩は「ホテルいこか」と言った

 

断られたら帰ればいい

キャバクラに金を落とす必要なんてない

 

先手を打った

 

「実は~」

どうやらきょうはかやのお偉いさんがくるようで

吾輩は引き立て役のような扱いらしい

「だからおねがい~」

 

吾輩は「ホテルいったらいったるで!」と言い張った

かやの返事はしぶしぶ了承した形である

 

 

 

 

 

かやのバストは先輩の男よりみじめなものだった、

上を向いた乳首だけが初々しく、下腹部の茂みは生えていてるのか

生えていないのか整えてある処理具合だった

「さすが整形女」吾輩は褒めたがあまり喜んではいない

なんがかむかついたが

さっさと済ますものを済ませたい

 

吾輩は激しく興奮していたようで

かやに「きもちわるい」といわれてはねのけられた

 

「な、なんでや、なんでや!?」

パンツいっちょの靴下の吾輩がベットの横にはたきつけられる

「白いブリーフダサい」

 

「ガーン」

吾輩はまちがえたものをはいてきてしまったが

「そんなのどうでもええねん」とかやにのしかかった

「いやあ、やめて」

「やめん、やめん」

そんなこんなしているうちにかやの手をふりはらって

膝がカクーンッ!膝がカクーンッ!ってなって

かやの首に吾輩のエルボーが入った

 

「ぐぇ」

この世の声とは思えないほどの低い声がかやから聞こえた

どうやら放心状態でかやは首を曲げたまま止まった

「いまのうちや!」と

かやの股をガバッ!と開いておいたす

 

かやは暴れて非常にうるさかったから

枕で顔を抑え

「整形女が!!」そういいながら吾輩の方が強いアピールをした

 

「貧乳のくせに!!」とスパーンと胸を平手打ちでつっこんでやった

 

「てめえは全部作り物のまがい物だ!!

なにひとつ本当のものをもっていない!」

そうだそうだこういう他人をなめた女は

吾輩の良さを知らしめないといけない から

吾輩は教える必要があった

 

「嘘つき女は愛されない」と

 

そういいながら吾輩は軽快なバカなリズムで腰をふりふり

 

押さえつけられた枕の下で

かやは泣いた

泣いたままの声で叫んで吾輩を振り払おうとした

 

女はどMのくせに

おかしいなとか一瞬思ったが 

 

吾輩の感度は最高潮な時に

「いうことを聞けブス!おまえは自分がないのだから

愛されたかったら抵抗すんな!」

そういうとかやは抵抗するのをやめた

 

やっと吾輩を受け入れる気になったらしい

本当はどM女なのだ

 

「くそ女が!誰とでも寝るくそ女が!親がそんなに自分を嫌いだなんて

悲しんでるぜ!」と吾輩はかやの首を絞めた

 

かやの中も最高に締まる

 

こうして吾輩はすっきりいたしてかやの顔をみると

泡を吹いて気絶していた

 

 

 

「・・・おきろよ~」

吾輩はかやの頭をたたいても起きなかった

 

 

 

吾輩はゆすったりもしてみたが

起きなかった

 

「やばい」

 

死んでいる!!??

 

 

救急車!

そう思ったが

捕まる!

そうも思った

吾輩は咄嗟に

かやのさいふを開いて

いくら入っているのか見て

自分のポケットに入れた

 

それから

タクシーを呼んで

友達の家から鍵を無断で借りて車を使った

 

 

証拠を隠滅しないとと

吾輩は誰もいない草むらにうめようと思った

 

 

その時、昨日殺してしまったあの現場にブルーシートが

はられて犬がいた

「警察犬だ!」

犬は嗅覚が鋭いから「捕まってしまう!」

 

そう思った吾輩は急いでゴミ捨て場まで車を走らせた

埋めてはだめだ~!

「燃やそう!」

 

かやの体の穴からいろいろなものや吾輩のものまで車にたれていた

「もらしてんじゃねえ」

そう言ったが

かやは返事をしなかった

 

俺は夜まで待って

誰もいない作業場でかやに灯油を巻いて燃やすつもりだった

 

待ってる間、暇だったから

かやの固まった腕をひん曲げて

ピースサインにして

鼻の両穴にさした

 

わからないけれど面白かった

「死にたい死にたい言ってたし

ほんとおまえの人生うんこやな」と吾輩は話しかけたけれど

無言だった

 

吾輩は灯油を巻いてライターで火をつけた

映画のワンシーンみたいに 

 

けれども 

吾輩の足にも引火した

「あち!あちち!」

急いで自分の足の火を消したが

かやの体の火は途中までしか燃えなかったし

非常に

「くせぇ」くさかった。

 

 

吾輩はくさいし足はやけどをしてしまって

痛くて少し泣いた

 

 

吾輩は車を友達に返しにいった

車はきちんと駐車場に戻して

キーはさしたまま

吾輩は家に歩いて帰って

風呂に入って寝た

 

 

吾輩は間違えて2人も殺してしまった。

一人目はしらないけれど2人目のかやは

鎌倉に友達もいないみたいだし

みんな嫌ってたし罪悪感は一人目よりなかった

 

吾輩は足がやけどで痛くてなかなか寝れなかった

 

吾輩のポケットにはカヤからもらった金と

カヤのスマホがあった

 

なんでもってきちゃったのかはわからない

 

細かいことは明日考えよう・・・

 

 

 

 

 

 

 

バカなリズムで殺人日記①

バカなリズムで殺人日記①

 

 

はじめてのさつぢん【R15】

 

 

昨日の夜の話である

 

御年40になる吾輩は

今まで一度も良い仕事をしたと思ったことがない人類(おっさん)である。

 

親友もいたがどっかにいってしまい

今日も20年いる先輩の下で

やらねばならぬ仕事をしているのである

 

そんな仕事内容は先輩の敵への嫌がらせ

なぜ吾輩がやらねばならぬのかはわからない

 

きっかけは銭湯で裸の付き合いをしてからだった。それから酒を飲んでいた

 

「気に入らないやつがいるからおどしてやってくれ」

そんなことを軽く言われ汚れ仕事をやる吾輩は鉄バットを片手に振り回して

裸にコートを着て通り魔をすることになったのである

 

飲み会は大盛り上がりであった

また次の飲み会のバカな話のネタにとふざけた行為を

することになったのである

 

もちろんそんなふざけた行為をしたあとは

さっさとタクシーで逃げるつもりだが

もし捕まっちゃったらただの変態か

酔っ払いで逃げ切りたい

 

酔っぱらった勢いで

 

吾輩は闇夜で待ち伏せをした。

待つのは仕事終わりの先輩の元カノOLである

どうやら変質者がいれば俺のところに戻ってくるという算段らしい

ばかじゃねえの

とか思いながらも

「いっちょやりますか」と

先輩からもらった

「仕事が早く終わる薬」というのを

飲んだ

この仕事が早く終わる薬がなんなのかは

わからないが早く終わるらしい

吾輩は夜の仕事帰りの女を後ろから

千鳥足になりながら右腕を動かしてバットを持ち上げた

「おい!」

そういって女は振り返った

「キャァァァ!」

叫ぶと人が集まってくるから

黙らせなければならない

殴るつもりはなかったが

右手は反射的に振り下ろしていた

 

ボコッ。

 

 

鈍い音がした

 

一発で女は倒れていた

何発かほかにも同じ人間がいたのか

わからないが

何発も殴った後があって

俺の右手は血にまみれて

ズキズキしていた

 

とりあえず仕事が早く終わったが

気絶してしまったのかなんなのか

気づいたら倒れていた

どうやら女は息をしていないようだ

 「やばい」

そう思ったがどうしていいのかわからず

先輩に相談しないと

と思った

この女をどこかに隠さないと

誰かに見つかってしまうと

思った吾輩はいったん女を隠すことにした

 

 

 

 

吾輩は周りに誰もいないのを確認し

もっと人通りのいない公園の草むらに

両足を持ち運んだ

 

ズルズル

右腕やらに地面の石や段差が頭にボコボコとあたり

擦り傷がついていったが

女は起きなかった

「きもちわりいな」

そういいながら吾輩は頑張って運んだ

 

さっきの薬のせいか足元がぐらつく

し手に力が入らない

 

吾輩の足は千鳥足

リズムを刻んで歩き出す

 

確実にこれは死んでいる

吾輩はそう思った

このままでは変態どころか

殺人犯になってしまうと

思った吾輩は

先輩に電話することにした

 

だがしかし、スマホの充電はなかった

そういえば充電を昨日はめんどくさくて

しなかったのだ

 

困った吾輩は石をその辺から運んできて

転んで頭を打ったことにしようと

石を運んだ

 

「よし、これでだいじょうぶだ」

こうして吾輩が第一発見者。

 

鉄バットを隠さなければならない

その時である

 

死んだはずの女が動き出した

目は開いてないが足だけが

動いたのである

まるで逃げるかのように右足だけ寝たままカクカク

 

吾輩はその様子が気持ち悪くて

一気に青ざめた

「う、動くな・・・うごくなぁぁ・・・はあはあ」と

その右足を鉄バットで殴った

 

殴っても動く右足に

先ほどの石と自分の足で固定して

殴打しまっくった

 

それでも小刻みに動く体に焦って

また仕事が早く終わる薬の残りを一気に飲んだ

 

 

はっと気づいたときに

吾輩は背筋がゾッとして

手を止めた

足はもちあげるとぐにゃぐにゃに曲がった

 

 

怖くなった吾輩はその場から逃げた

鉄バットを持ち帰って

自分の家に帰った

 

風呂に入り

「右手超痛ぇ」とかいいながら

疲れたので布団にはいって

いつものように寝た。

 

 

今日は朝である。

 

吾輩の部屋はいつもと同じ

だが血のついた鉄バットだけが部屋にある

 

吾輩ははじめてのさつぢんをしてしまった

 

 

はじめに

 はじめに

 

このたびは「庵目あみのはてなブログ」をお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

 

さきほど書き出した記事はダメ出しをされ消しました。

 

本ブログは特に社会に対する漠然とした140字で収まらないものに対して

もっと長く細かく説明できたらと思い書き始めました。

 

描いていくほどにある程度の知識の技術向上のためにと

ブログを書き連ねることを目的したブログです。

さきほどの記事をお読みになった方はお忘れください

 

他、団体に迷惑をかけず配慮を徹底としておりますが、

私文や私見に関する内容がまれに記載しており

知識不十分な内容に関しては詳しく記載しておりません。

 

足りない文章に関しては他の専門家を捕捉しながらお読みいただけたらなと思います。

 

本ブログを通して、お読みになってくださる方の目にかけていただければ幸いです。

 

庵目あみ